親子で楽しむプログラミング教材

頭と体を使うおもちゃで学ぶ

プログラミングというと、一見難しそうなイメージを受けますが、体を使って直感的に遊べる教材も多く存在します。まずは、パソコンやタブレットと繋げなくても簡単に始められるおすすめ教材を紹介します。

・キュベット(3歳~)
木製のロボットで、専用ボードに命令を表すブロックをはめることで指示を出すので、文字が読めないお子様も楽しく遊ぶことができます。ゴールにたどり着くまでに必要な動作を細かく分けて考えることができます。

・PETS(3歳後半~)
学校でも取り入れられている教材です。家庭用のPETSは、親子で組み立てるところから始められます。
反復処理や条件分岐なども使うことができます。

・レッツゴー コーディング!アクティビティセット(5歳~)
専用のマットを床に敷いてコースを作り、設定したゴールを目指して人間がその上を命令通りに進みます。お友達と協力しながら体を使ってプログラミングを学ぶことができます。

アナログとデジタルの融合

デジタルネイティブ世代が育つ時代なので、幼児期からタブレットで遊ぶのも当たり前になってきました。手軽にプログラミングを学べるアプリも充実しています。

・ScratchJr(5歳~)
学校教育でも取り入れられているアプリScratchの簡単バージョンです。タブレット上でパズルを組み立てて、キャラクターを動かします。小学校教育の準備としておすすめです。

・GLICODE(4歳~)
お菓子メーカーのグリコの公式アプリです。お菓子のポッキーを白い紙に並べてスマホで撮影するだけで、アプリの中のキャラクターを操作します。美味しく楽しく、プログラミングの基礎を学ぶことができます。

・レゴWeDo2.0(5歳~)
アプリでプログラミングのアイコンを操作することで、自分で組み立てたブロックを実際に動かすことができます。
ワークブックもついているので、「遊ぶ」から「学ぶ」まで長く楽しめます。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る