大人が子供のためにできること

遊びから学びへ

従来の幼児用のおもちゃは頭を使うものが少なかったのに対し、今のおもちゃは実際に手で触って組み立てながら学ぶものから、アプリでいつでもどこでも学べる教材まで、すでに多くのものが売られています。そして、形は様々でも、プログラミング教材には共通の目的が存在します。
それが、「楽しみながらプログラミングに興味を持つこと」です。
何かを学んだり習得するときに最も効果的なのは、楽しむことです。
苦手意識が芽生える前の時期だからこそ、プログラミング=楽しいものとしての意識を付けることで、積極的に学ぶ姿勢を身につけ、将来性を広げてあげることができます。
遊びの延長線上で将来役に立つ体験をたくさんさせてあげることができるだけでも始める価値はあると言えますね。

大人の協力が学びの後押しに

プログラミングを学ぶために大人ができることは、教材を与えることだけではありません。

・パソコンや机を用意してあげる。
ある程度好きなタイミングで積極的に学べるように、環境を整えてあげることも重要です。プログラミングを身近な存在にしてあげましょう。

・自由な発想を応援してあげる。
自分の頭で考えて目的を達成できたときは思いきり褒めてあげてください。成功体験を積むことで、次も挑戦しようという意欲につながります。

・質問されても答えられるように、親も一緒に学習し知識を付けておく。
行き詰まった時に一緒に考えて課題を乗り越えることで、誰かと共に達成する喜びを知ることができます。一人で積極的に取り組めるようになるまでは特に、親が一緒に学んでいく姿勢が何より大切です。

子供が安心して学ぶためにも、親が一番の協力者となり目線を合わせて取り組んでいくことが重要です。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る